テレビュー プルーセル

株式会社ジズコ

テレビュートップ


お問い合せ


● 最低価格保証

株式会社ジズコでは、弊社輸入商品にかぎり、一商品が同条件で当社より安く販売されている場合、販売価格を合わせる「国内最低価格保証」を行っています。詳細は別途お問い合わせください。




アル・ナグラー

テレビューアイピースの処女作です。

最も有名な高品位アイピースである4枚構成のプルーセルをより洗練されたものにしたいと考えました。高屈折率ガラスを使った設計により米国特許を取得、周辺部の星像をよりシャープにし、マルチコート、レンズエッジの塗装、反射防止ねじ、ラバー見口などを加え「スペースウォーク」にふさわしい品質レベルに仕上げました。




プルーセルは、テレビューの処女作で、米国市場でその高性能ぶりが評判になり、アイピースメーカー「テレビュー」が認知されました。それは、前例のない高額で高性能なアイピース「ナグラー13mm」発売の下地になりました。そして同アイピースの発売により、現在も変わらないブランドイメージが確立しました。プルーセルは、まさに高品位アイピースメーカー「テレビュー」の原点なのです。

テレビューアイピースのあゆみ

プルーセルは、広範なターゲットにクリアなイメージを提供しますが、50°の視界による臨場感の乏しさははいたし方ありません。ならば、見掛け視界の広さを必要としない「自動追尾マウントによる高倍率の惑星観測」にぜひ使ってみてください。バロー/パワーメイトとの組み合わせも特に好適。シンプルな構成により空気接触面が少なく、微妙なコントラストを損ないません...テレビュー・ジャパン




プルーセルを使うメリット

2枚貼り合わせの凸レンズを対称に配置したシンプルな構成と、全面マルチコートによる4面の空気接触面、貼り合わせ面の特殊コート処理、アイレンズの凹面形状などがあいまって、月・惑星など明るい対象を捕えた時に発生するハレーションは極小です。透過率の高さは視野のヌケの良さにつながり、にごりのない色彩感をもたらします。地上観察でも気持ちの良い視界を得ることができます。また、Hα線太陽観察にも最適です。

外側レンズ面が凹形状

一般的なプルーセルでは、研磨の容易さもあり、反対向のレンズ面は平面を採用する例がほとんどです。ナグラーがあえてコストのかかる凹面形状を採用した理由は、視野周辺の非点収差を軽減できる設計を具現化させるためでした。また、凹面形状は、平面に比べ逆入射光に強く、惑星など明るい光が瞳から跳ね返ってレンズ面でハレーションが発生することもなく、実使用でのメリットも(光学設計に劣らず)大きなものがあります。

ディオプトロクス対応

32mm、40mm、55mmの3本はオプションの乱視補正レンズ「ディオプトロクス」をそのまま装着することができます。長焦点アイピースでの補正効果は歴然です。

最大の実視界を実現

32mm、40mmは1 1/4インチバレルの、55mmは2インチバレルの、それぞれの径で最大の視野環径を有しています。すなわち、それぞれのバレルサイズで最大の実視界を持っているということです。

ビノビューにも好適

小型で軽量につき、望遠鏡やビノビューに過負担をかけません。見掛け視界50°は、普通の双眼鏡の視野と同じですが、より予算を抑えてテレビュークォリティーの双眼視を楽しめます。倍率レンジも、このシリーズで揃えることができます。

徹底した散乱光対策

プルーセル11mmの円筒状の遮光環内壁に設けられた遮光ネジ。光軸状の入射光束は遮光環にカットされますが、軸外光束(特に短焦点望遠鏡の)が内壁に当たる可能性があります。これにより、像コントラストに大きく影響する結像(焦)点近辺での反射光を完全に防止しています。




左の画像はプルーセル40mmをバレル先端から覗いたところ。内部の間隔環に遮光ネジを施し、反射光の低減に大きな効果を上げています(画像は実際より明るくしてあります)。このように、見えないところにも細心の配慮が施されています。

覗きやすさの追求

8mmから25mmまでの5本は、アイレリーフに応じて見口ゴムの高さを変更していますので、そのまま違和感無く覗くことができます。32mmと40mmは、メガネを掛けたまま覗けるロングアイレリーフを活かす見口となっていますが、特に日中における裸眼での観察では、見口ゴムとの間にスキマができて(特に太陽観察では)支障が生じる場合がありました。

オプションの「アイガードエクステンダー」を装着することで裸眼での観察に最適化できます。なお、55mmの見口は、高さ調整可能な構造になっているので、エクステンダーは不要です。



● プルーセル 8mm、11mm、15mm

見掛け視界が50°なので、ナグラーやイーソスのような臨場感あふれる視界は望めませんが、極めてクリアな視野を実現しています。テレビューバローやパワーメイトと併用した高倍率性能も素晴らしく、惑星観測のベテランにもご納得いただけます。さらに、ビノビューと併用することで、ナチュラルな色再現とシャープネスがいっそう際立ちます。テレビュークォリティーを体験できる、もっともリーズナブルなアイピースです。

 税込特価 各17,280円

PL 8mm

PL 11mm

PL 15mm


おすすめのオプション



● プルーセル 20mm、25mm

前出の 3本とあわせてピント位置が同一の設計です。短焦点望遠鏡と組み合わせても周辺像の劣化が少なくクリアな視界を実現。テレビュープルーセルの特徴が遺憾なく発揮されます。コンパクトな外観とメガネを掛けたまま覗けるアイレリーフを有し、観望会用アイピースに使ってもワンランク上の性能です。

税込特価 各19,440円


PL 20mm

PL 25mm


おすすめのオプション


● プルーセル 32mm、40mm

1 1/4インチ径アイピースの中で、ともに最大の実視界を実現するアイピースです(絞り環径φ27mm)。望遠鏡セット付属のアイピースに買い足すだけで、低倍率観望の「切り札」になります。
32mmは見掛け視界50°。比較的短焦点の対物と組み合わせることができ、ほとんどの望遠鏡で使える汎用性の高い低倍率アイピースです。また、ビノビューとの組み合わせで最初におすすめするアイピースでもあります。
40mmは見掛け視界43°。1 1/4インチアイピースで最も焦点距離の長いアイピースです。クラシカルな長焦点屈折望遠鏡や、F値の大きなカタディオプトリック(SC、ACF)望遠鏡などと組み合わせて、無理なく低倍率を得ることができます。

税込特価 各23,760円

 

PL 32mm

PL 40mm


おすすめのオプション



● プルーセル 55mm

このシリーズ唯一の2インチアイピースです。視野環径がφ46mm(バレル内径とほぼ一致)あり、2インチ径アイピースの最大実視界を実現しています。加えて、視野環位置(=像面)がスリーブ先端なので、0.63xレデューサーなど、テレコンプレッサーレンズを使ったときに問題になる像のケラレや周辺減光 * を回避することができます。F10を超す長焦点望遠鏡や据付型カセグレン望遠鏡、特にシュミットカセグレンやACF望遠鏡で低倍率・広視界を得る最適なアイピースです。また、見口の高さを調整できるメカニズムを備え、眼位置を確実に保持にし、安定した観察を可能にしています。

* レンズからのフランジバックが長くなるとイメージ範囲が縮小することによる弊害。PL55mmは、バレル先端に像面(絞り)が位置するためフランジバックを短縮でき、その影響を最小限に抑えることができます

税込特価 38,880円



PL 55mm


おすすめのオプション